0コメント

深圳航空国内線ファーストクラスで深圳~青島搭乗記

深圳国際空港。
正式名称は深圳宝安国際空港(Shenzhen Bao'an International Airport)。
香港国際空港、広州白雲国際空港と並ぶ中国南部3大空港の一港で、深圳航空のハブ空港です。

深圳国際空港国内線VIPカウンター

今回のANAスタアラ特典航空券では2区間毎しか予め発券をしてもらえません。
羽田でチェックインした際に渡されたチケットは羽田~上海浦東と上海虹橋~深圳まで。
沖止めからターミナルまでの送迎バスを降車した際に深圳航空のグランドスタッフさんにEチケットの控えを見せて、このまま乗り継ぎはできないかを尋ねるとスマホの翻訳アプリでのやり取りがw
中国は、意外に公共の場でも中国語しかしゃべらない方が多く翻訳アプリが大活躍です。
一度、チェックインカウンターで発券手続きしなければいけないとの事。
グランドスタッフさん2名でキャリーまで運んでくれる手厚い対応。
で、案内されたのが深圳航空のVIPカウンター。
国内線にもかかわらず専用チェックインカウンターが用意されてるんです。
国内線ファーストクラス搭乗客や国航、深圳航空の上級会員、スタアラGOLDの利用が可能の様です。
専用カウンターにソファまで用意されています。
至れり尽くせりで深圳~青島と明日の青島~北京の2区間を発券してくれました。
セキュリティチェックも優先レーンが使用でき、中国の上級顧客に対する接遇はかなりレベルが高いと感じました。
グランドスタッフさんはセキュリティチェックの優先レーンまで付き添ってくれて嬉し恥ずかしの経験でした^^
22702881-BDB2-4AF9-A2D6-0EA86E5A18FB.jpeg

深圳航空国内線キングラウンジ

国内線のセキュリティチェックを受けるとこれまた中国らしい大きなターミナル。
7E024652-C954-4EFB-B946-D8DED578BC7F.jpeg

エスカレーター脇に深圳航空のキングラウンジがありました。
何たって王様ラウンジですからねw
C43A453A-13BA-4C17-9B31-834EDE8B046E.jpeg

こじんまりしてますが、なかなか中華な趣の豪華なラウンジ。
CDD0DCE9-B71D-43A3-8231-C6078CA1DC21.jpeg

国内線ラウンジでもビールもあればフルーツも冷蔵庫に。
ED948B8B-B986-49BB-87F0-DDE6070F29A6.jpeg

料理も何品か並ぶようですが14時を過ぎてましたから片付けられてましたが、ヌードルコーナーだけは対応してくれるようで雲吞麺を注文してみました。
これから作るので少し待ってねというような事をたぶん言ってるんだろうなと思いながらダイニングで麺ができるのを待ちます。
豚饅が蒸篭の中にありましたのでいただくことに。
66261B5A-F007-41F8-91B2-D1B5F2966A5C.jpeg

雲吞麺の出来上がり。
深圳は燕京ビールですね。
青島と並ぶ中国を代表するビールと豚饅を一緒に雲吞麺をいただきます。
雲吞も具材たっぷりで青菜が添えられた清湯のスープをテーブルの調味料で味付けていただくんですね。
もちろんパクチーは欠かせませんw
中国の航空会社のヌードルバー。
なかなか、何処も美味しいです。
深圳航空は機内食もですが、意外に美味しい料理を提供してくれますね。
何よりも国内線で、ここまでサービス提供してくれることに感激です。
BC0EFCBC-1B09-4DE8-AB96-68A8BC41AD83.jpeg

B738の国内線ファーストクラスで青島へ

実は、こちらのラウンジで寛いでいて血の気が引く事態に。
そろそろ搭乗ゲートに行く時間かなと思ってフライトインフォーメーションのモニターを見ると青島行きが搭乗締め切りになっているじゃありませんか。
慌てて、ラウンジのスタッフにチケットを見せてやり取りをすると、もう飛行機は出発した。
貴方は乗れないみたいなことを翻訳アプリで返され。
おいおい、心配してたノーショー扱いかと。
結果的にラウンジスタッフの案内違いで、私の乗る便は、その後の便。
言葉の壁に振り回されました。
で、搭乗ゲートへ。
何やら到着が遅れてるせいで先ほどの件もラウンジスタッフが勘違い案内をした様。
中国の国内線のダイヤは本当に読めないようですからね。
7E37E305-0616-4642-ADEF-7C1C3A7CB284.jpeg

さて、青島までの搭乗記です。
今回のANAスタアラ特典航空券でのビジネス発券は青島まで。

■搭乗便: 深圳航空 ZH9915
■搭乗区間: 深圳(SZX) 16:40 → 青島(TAO)19:55
■搭乗クラス: ファーストクラス
■使用機材: B737-87L
■機体番号: B-1478
3317E1C5-9B88-4899-B7FB-8E791C9B2FA9.jpeg

737の国内線ファーストクラス。
国際線兼用ですから国際線ではビジネスクラスのシートですが、モニターが無くてもシートの幅の広さやシートピッチがANAのプレミアムシートよりゆったりしてるんじゃないかな?
4AA0564F-6C1E-46BB-B737-C735AB4F013A.jpeg

エコノミー席はほぼ満席でしたが、ファーストクラス8席に対し私と別に1名様で貸し切り状態。
もちろんおしぼりとウエルカムドリンクのサービス、スリッパを揃えてくれるフルサービス。
D2FB98C8-113C-4765-BCE3-B82BC411532E.jpeg

ほぼ予定時刻どおりのドアクローズからの離陸。
何はともあれノーショーしなくて良かった。
6B5F038B-FF71-47DE-B681-CB121EBABBAA.jpeg

シートベルトサインが消えて、燕京ビールをいただきました。
今回はオンザロックでは無いですが、冷えてるビールでした。
ピーナッツも袋でなく小皿で提供されると良いものですね。
C50F222C-EE5A-4BE3-8C03-895644862DD7.jpeg

パンは残念ながら冷えてましたが、何種類からか選べたのでクルミのパンかな?
264B4A2E-99AB-405E-BBEC-EFA477526791.jpeg

この便では牛肉料理でした。
美味しいんですよ。
蓮根との取り合わせも良くて。
ごはんがすすむ君のお食事。
で、お米も普通に美味しんですよね。
中国の機内食を酷評する方も多いんですが、正直、普段からどんだけ上等な食事をしてるのと思っちゃいます。
DC222545-890E-4283-9A76-D07F162C8EB6.jpeg

しっかりとフルーツとチーズケーキも。
中国茶をもらいました。
2689FF3B-561E-4785-9E2C-F38D3622D1A9.jpeg

中国茶が美味しいと伝えたら、何回もおかわり持ってきてくれて。
とても接遇の良いCAさんでした。
福建の鉄観音茶で真空パックまでくれましたw
中国茶は最初薄くて、飲み進む過程の味の変化を楽しむお茶ですね。
2FFA8D75-A3AC-45CD-9437-A8138D2E4E07.jpeg

シートベルトサインが点灯し降下体制に。
しかし、中国の発展ぶりは夜景の灯りの多さで伝わってきますね。
A21BA263-EB52-4BF5-95C8-F46187233070.jpeg

定刻より少し早い到着。
初めての青島ですが、やはりガスってるのはPM2.5の影響でしょうか?
しかし、深圳航空の国内線ファーストクラスを利用したフライト。
想像以上に快適で、至れ尽くせりのフルサービスでした。
FA1DBF04-237B-4E97-BD7E-5EF8C460D52C.jpeg




この記事へのコメント